人生もっとアクティブ化計画

やりたいことやるためのシンプルライフ

【フィリピン語学留学】フィリピンにやってきました!

ついにやってきました!フィリピン留学。少しの間、更新が途絶えてしまいましたが、ちゃんと生息しています(笑)

 
しばらくはフィリピンの話題になるかとは思いますが、この新鮮な気持ちを忘れないためにも書き写そうかと思います。

語学留学しにきたのはフィリピンのとある田舎町

私が来たのはフィリピンのとあるマイナー都市です。
フィリピンといえば、首都のマニラ、リゾートとして有名なセブをあげる方が多いと思いますが、そのようなメジャー都市ではありません。(笑)
ただ現地の先生が言うには、東京=マニラ、大阪=セブなら名古屋に位置する都市だと言っていました。

最初に感じたのは、ひたすら熱気

フィリピンのこの街に降り立って最初に感じたのは、むせるような気候としての熱気と現地のフィリピンの人たちから感じるエレネギー=熱気でした。
日本のように整備されてはいるけれど、どこか息苦しい閉塞感と裏腹に、整備されていないがゆえに全てがきっちりしていなくても良い大らかさがあると思いました。
人もとても暖かく、ただ仕事として自分のやるべきことをやればいい、というよりも、この国を楽しんでほしいという善意をほとんどの人から感じることができました。
(もちろんスリなどもいる国なので最低限の警戒心は必要です)

設備は最低限、でも慣れればどうってことない

私は今、ESLという外国人向けの語学学校で英語を学び、住んでいるところは語学学校の寮になります。正直安いところを選んだので一概には言えないのですが、設備はちょっとボロいです。慣れればどうってことはないのですが、日本の整備されていて、なおかつシンプルライフで整然とした部屋に住んでいた私は、最初ホテルの設備を使える学校に転校しようかと思ったほどです(笑)
最初の夜は、「私って日本では貴族みたいなところに住んでいたんだな(笑)」と思いました。

改めて実感した日本のインフラの凄さ

勉強の内容は後日改めて書きたいと思いますが、フィリピンに到着して強烈に思ったのが、フィリピンが悪いとかそういう比較なしに感じた日本の素晴らしさです。
水道・電気・ガス、通信インフラ、衛生面、近代的な建物などフィリピンの人たちが求めてやまない多くのものを日本人は当然のように享受しています。
こちらでは電気はとても高く、部屋によって電気代を払わなければならない留学生は、わざわざ共有スペースで携帯電話の充電をしています。
またシャワーもチョロチョロとしか出ないことも多く、女性は困るようです。※私は幸いにも耐性があったので大丈夫でした。
また通信インフラ(インターネット回線のつながりにくさ、遅さ)はフィリピンのインフラの中でも最も遅れており、留学生がストレスに感じる一番のものですね。私もそうです。なので私は個別にポケットwifiを契約したのですが、その機器も現地の人たちからすれば高級品です。インターネットの個別回線というのは、現地の人たちからすれば贅沢の部類に入るのです。
 
日本は、発展途上の国の人たちから見れば、インフラは整い、街中は素晴らしく整備されており、食事もおいしい素晴らしい国なのです。
 
でも、フィリピンに来て感じた日本の素晴らしさは「それだけ」でした。

「日本は良い国、だけど人生を楽しめない」と彼らは思っている

もちろん環境が良いのは素晴らしいことです。しかし私は日本の環境面の素晴らしさを改めて実感すると同時に、フィリピンの人たちが「日本人はとても忙しい」「働きすぎて生きることを楽しんでいない」という言葉を否定できませんでした。
 
フィリピンの現地の人、語学学校にいる留学生たちは「日本で働きたい」とか「日本で学びたい」とは言いません。
 
留学生の人は、多くの人がオーストラリアやニュージーランド、あるいはヨーロッパに魅力を感じているようです。フィリピン人の先生たちは自国が好きな方が多いため、そういうことを声高に言う人はいませんが、やはり英語が使える国を候補にあげる方が殆どです。
彼ら曰く、日本は「残業を強要して、成果を評価しない国」「外国人には賃金を安くする国」そして「英語が通じない国=日本語を勉強しないといけない」から行きたくないそうです。
 
まだ私はフィリピンに来て数日です。
 
私は英語を学びに来たのですが、それ以上に「世界」から見た「日本」を学ぶ機会が多くなる予感がします。
 
とりあえず、英語よりも楽しい「世界から見た日本」を学ぶために英語の勉強を頑張りたいと思います(笑)
 
長文をここまで読んでいただいてありがとうございました。
広告を非表示にする