読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー路線でいこう

WEB系社会人べみこのシンプルライフでやりたいことをやるブログ

失敗から学ぶ買い物の鉄則①靴編

断捨離・シンプルライフ オシャレ関連

モノを減らして、すっきりした空間で暮らす。

それと同時に以前読んだ ゆるり まい さんの著書にも影響を受けて、

bemiko.hateblo.jp

 身の回りの「なんとなく」あるものを「これがいい!好き!」にするべく、徐々に買い替えもしてます。しかしその過程では数々の失敗が…次からは失敗せずに長く使えるものを買うために、書いておきます!まずは靴編!

いつものメーカーだからOK?

最近お気に入りの靴メーカーを見つけて、これまでの「安いから」「お得だから」で買った靴を徐々に買い替え、快適な靴生活を満喫していました。

今度は重くて足が痛かった夏用のサンダルと休日用の底が薄くなったスリッポンをお気に入りメーカーのものに買い替えようと計画しました。

ただ......家の近くの店舗は、スペースが狭くて欲しい商品がない!

店員さんに聞いたところ、ネット通販なら種類も豊富とのことでした。

いつもと同じメーカーで足の形もきっと合うから問題ないだろうと、計画通りサンダルとスリッポンを注文しました。

履けないことはない…でも...

届いた商品は見た目の色味も形もイメージ通り。これはOKだ!と思っていたら…

「え。このサンダルわざわざ履くたびにベルト締めるタイプだったの?あとなんか足裏のクッションに違和感あるなあ…履けないことはないけど…」

「このスリッポン、結構先がとがっててカジュアルな感じじゃないな。それにとがってるせいか、いつもよりキツく感じる…履けないことはないけど…」

色味や形は気にいっていたことと、この『履けないことはないけど…』を理由に返品はしませんでした。

ただ何かが引っかかって、以前から持っていたサンダルとスリッポンは捨てれませんでした。(買い替えの予定だったのに・・・)

買ったその週に履く気にならないなら、買い物失敗

気が付くと、新しく買ったサンダルやスリッポンではなくて、以前から持っていたものを履いている自分がいました。

「うーん、今日はサンダルは前のでいいや。新しいの汚れたらイヤだし…」

「うん、色は前もってたスリッポンのほうが今日の服には合うよね」

そんな言い訳をしていましたが、徐々に自分でも気が付いてきます、「新しい靴は履きたくない」のだと。

何か違和感がある、気に入らないから、履かない。

でも買い物を失敗したとは思いたくないから、言い訳をして保有する→溜まるのです!

遅くても買ったその週に進んで履く、買ったら前のものはすぐ捨てる!

これができて、買い物って成功なんだと思いました。

店頭で試着して「お!これイイ!」で買うこと!

あと、当たり前なんですけどお気に入りメーカーでも何でも、やっぱり靴はお店で試着しないとダメですね。通販だと返品はタダですけど面倒くさくなってしまって、「まあ履けるしいいか…」と考えてしまいう傾向があるとわかりました。

その反面、お店で試着して「これはイイ!」と直感できた靴は、けっこうスパッと決めても長く大切に履いてます

結局新しい靴は、試着しか出番がないまま履かずじまい。

お金を無駄にしてしまいましたが、自分の靴の買い物スタイルを学べたので良しとします!来年の夏こそは素敵なサンダルとスリッポンを買いたいです(^O^)

 

読んでいただきありがとうございました♪

広告を非表示にする