人生もっとアクティブ化計画

やりたいことやるためのシンプルライフ

英語が超苦手な私でも続けられている英語参考書と英語アプリ

留学に向けて、これまで逃げてきた英語に向き合う毎日を送っております。

 

英語学習といえば、欠かせないのが参考書と英語アプリ!
工夫を凝らした解説本、レビュー評価の高い問題集、ゲーム感覚で楽しめるアプリ…などなど巷には英語が苦手な日本人に向けた英語教材があふれております。

そんな私も英語コンプレックスを克服すべく、英語教材を買っては満足して結局やらずに教育業界を潤してきました。ただそろそろそんな自分ともおさらばしたい。しっかり英語に向き合いたい!

そこで今回こそは!と留学に向けての事前学習で使う教材で重視したのは

とにかく1冊1冊をやりきること!毎日継続学習!

でした。志が低いかもですが、これまで英語から全力で逃げてきた人間が急に「これをやればTOEIC200点アップ!」やら「完全攻略英会話!」などレベル高い教材を使っても挫折することは目に見えております。

なので、まずは1冊やりきって基本の理解と自信をつけることを優先。レベル高いことは留学先でみっちりやれば良いと割り切りました。

今日は英語が超苦手でおそらくTOEIC300点レベルの私が、1冊やり切れた初心者向けの参考書とやりこんでいるアプリをご紹介。同じく英語が苦手な人の参考になれば。

まずは基本。中学の英文法の参考書。 

色々情報収集をしていると、英語から逃げてきた人間は中学英文法からやり直す必要があるらしい。たしかに現在完了とか過去分詞とかちんぷんかんぷんです。なので、とにかく「わかりやすく、たのしく学べる中学英文法の本」を探すことにしました。

英語学習サイトや同じレベルの方のブログを拝見して4~5冊ほど候補を見つけ、実際書店まで行って、「自分が続けられそうか」「1回やり切っても何周もやって内容を定着させようと思うか」を確認しました。そして選んだのがこの2冊。

カラー版 CD付 中学3年間の英語を10時間で復習する本

カラー版 CD付 中学3年間の英語を10時間で復習する本

 

↑の本は、まずは「英文法ってそもそも何があったっけ?」と「私はいったいどこまで英文法を忘れているのか(汗)」確認するために。先生と生徒の会話形式で解説が進んでポイントがまとめられているので、 身構えることなくサクサク読めます。章末にある練習問題は少なめですが、だからこそハードル低くて1冊やりきれました!

ただ一度読んだだけでは定着は難しいので今2周目です!1冊読み切ったことのない私が2周目!それくらい取っつきやすい参考書です。高校編もあるので欲しいと思ってますが、こちらはちょっとぶ厚かった…やり切れるかわからないので考え中。

カラー版 CD付 高校3年間の英語を10日間で復習する本

カラー版 CD付 高校3年間の英語を10日間で復習する本

 

 

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

 

 ↑こちらは「わかりやすく!たのしく!」をかなえてくれるお勧めの参考書。イラストが可愛くて「うげー、英文法はやだー」という気になりません。とにかくわかりやすいです。解説の次のページに練習問題という形式で、こうなんというか「今日はここまで進んだ!ちゃんと理解できてる!」感があります(笑)。

こちらは4分の3くらい終わりました!確実に1冊やり切れます!ひゃっほう!

これがわかってなきゃ始まらない英単語

 おつぎは英単語。これはほんとにレベルによるし、英単語の参考書ってあまりどこも代り映えしないしで、一冊やり切れるのか…?と不安でした。

でもそんな私にもやり切れた単語本がこちら!

聞いて覚える英単語キクタンTOEIC Test Score500

聞いて覚える英単語キクタンTOEIC Test Score500

 

 はい。キクタンのTOEIC単語本の中では一番低い500のものです。確かに知ってる単語はいっぱいありました。でも良いんです。それで「あ!これは知ってる!ぐへへ」とか悦に入ってやる気になるからです。とは言っても「あれー見たことあるけど意味なんだったっけ?」という単語もかなりありました。

キクタンはリズムに乗って単語を聞いて、しかも音読することを推奨。記憶の定着をはかります。付属のCDと一緒にやると楽しいです。私には合ってました。

ちなみにScore600のほうは、同じメソッドでアプリがあったのでそちらをダウンロードしました。500で知らなかった・間違えた単語と並行してやっています。

 事前学習の期間は単語に関しては浮気せず、とりあえずキクタンの500と600を繰り返し覚えたいと思います。

英語は覚えるもんじゃない!話すもんだ!発音と英会話作文

はい。日本人が最も苦手とする発音と英会話作文、私みたいな初心者には未知の世界です。だって文法もしらんし単語もしらんのに話せとか無理じゃないですか!

とは言っても、私が英語やりたい!ってのは、イコール英語話したい!ということです。正直英文読解なんてTOEICないならどうで…(略)いや大事なのはわかってます。

それに留学して一番問われる、というかトレーニングするのはここだと思うので、今からきちんと事前に学習していきます。

で、選んだのがこの2冊です。

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

 

 ↑こちらは発音の本。DVDとCDはもちろん事前には見れませんでしたが、本の中身も詳しく書いてあってわかりやすかったので購入しました。結果的には大正解!DVD見ながらだとほんとにわかりやすく、ちょっと単調な練習も続けられています。そして自分のジャパニーズイングリッシュな発音に絶望中。。。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

 あと英会話作文のためのための1冊が↑これ。日本語を見て、どんどん自分で発声して英語を作っていきます。文法学習中の私には咄嗟に言葉が出てこないことがほとんどですが、正解の音源を聞くと、文法でやったことの理解が深まって、2回目はちょっと頭の回路がつながった気がします。これはまだまだやりこみ中です。

 

Real英会話

Real英会話

  • LT Box Co., Ltd.
  • 教育
  • ¥480

 あとはこれは気分転換に入れたアプリです。日常で使う、まさにリアルな英会話を学べます。発音判定もある優れものアプリ!こちらはまだ入れたばかりなんですが、聞いているだけも「ネイティブやばい…!」と危機感をあおってくれますw

コレ!と決めて続けることでほんの少し自信がついてきた

私の英語レベルはほんとに低レベルで、まだ学習効果で「TOEIC○○点とれました!」とか実績のあるものではないです。なので、この学習が効果的なものなのかどうなのか正直わかりません。

ですが最適解ばかり探して時間を使うよりは「これをやるぞ!」と決めて1つでも単語覚えたり、文法を思い出したほうが、遠回りでも前進していることになると思ってます。今までやりきったことのなかった参考書を1冊終わらせるごとに、英語学習の楽しさと「続けている自分」をちょっとずつ好きになってきていることを実感できているからです。

だらけてしまったり、計画通り進められない自分が嫌になることもありますが、焦らず毎日ちょっとでも英語に触れることが自分の成長になると信じて、明日からまた勉強がんばります!

 

長文をここまで読んでいただいてありがとうございました♪