人生もっとアクティブ化計画

やりたいことやるためのシンプルライフ

【フィリピン語学留学】約2ヶ月目で感じた変化もろもろ

こんにちは。前回から引き続き、フィリピンに語学留学中のべみこです。

フィリピンに来てから約2ヶ月。

フィリピン生活および英語を使った生活にも大分慣れて、海外生活を楽しめるようになってきた自分に驚きと充実を感じています。

こちらではネットワーク環境に制限があるので、なかなか長文のブログを更新できないことが歯がゆいのですが、フィリピンで専用のネット回線があるお高いカフェ(笑)に来て、快適なネット環境があるうちに約2ヶ月目の所感を書いておきたいと思います。

ここ2ヶ月での変化:英語編

まずは留学の目的である英語力について。

※私は実践英会話重視で来ているので、所感はスピーキングとリスニングについて。

 

フィリピンに来た当初:

英単語を並べて意思疎通を図るレベル、相手の英語はまったく聞き取れない

→話相手の根気強い推測と想像力(笑)に頼ってなんとかなっていた状態。英語を話すことに恐怖感があり、おどおどしてしまう。意見を求められても「Ummm」終わるw

 

1ヶ月目:

簡単なセンテンスを作り伝える、ゆっくりで簡単な日常会話は聞き取れる

→5W1Hや助動詞を使って中学1〜2年生レベルの英文を伝えられる状態

実はフィリピンに来る前に中学レベルの文法は参考書1冊仕上げていたので、来た当初から基礎文法の理解はできていたと思います。ですが、あくまで知識レベルの話で、英会話するときにとっさに出てくるまでは身についていませんでした。1ヶ月間、英語を話し、ひたすら聞く環境にいて、やっと簡単な知識の引き出しを開け閉めすることができるようになりました。

 

2ヶ月目(現在):

時制のコントロールや基本的な英熟語を使って会話できる、日常会話を聞き取れる

→2ヶ月目になって、ある程度の長めの文での時制の統一や、知っていないと言えない英熟語が口から出るようになる(前までは会話に出てくるget alongやらput onなどの超基本英熟語をそのままの意味で捉えて意味不明な状態だった)。また日常会話程度の英語なら、聞き返すこともあるものの、普通のスピードで聞き取れ、会話を続けることができるように。

 

ただ、まだ環境問題などの専門分野のトピックでの議論はもちろんできませんし(電子辞書を引きながら、頭で考えて英文を組み立てないと自分の意見を言えない)、日常会話でもちょっと難しい単語が出てくると思い出せないこともしばしば。またちょっとスピードが速くなると避けては通れないリエゾンなども苦手です。要精進です。

 

ここ2ヶ月での変化:生活編

フィリピンに来た当初:

ネット環境の遅さと衣食住のインフラについて日本と比べてストレスに

→私のようなネット中毒人間にはネット環境が整っていないのが最もストレスに。(後にPoketWifiを購入して解決するも課金制なので無制限には使えず)

また野良犬が闊歩する街中やゴミが散乱する道路、物乞いの子供がいるストリートに不安を覚えました。また学校の水回りの悪さや不味くはないけど口に合うかというと何とも微妙な食事に、このまま暮らしていけるのか不安に思ったものです。

 

1ヶ月経過:

ネット環境や衣食住インフラに慣れて、ストレスを感じなくなる

→ネットの遅さにイライラはするも、ここらでデジタルデトックスに目覚め(笑)ネットが繋がらなくてもおおらかに構えるように。

衣食住のインフラ周りに困ることはあるものの、「まあしょうがない」という諦めにも似た耐性を手にいれ、街中も一人で堂々と歩くようになる。環境に慣れて外出したり、したいと思っていたことに積極的に行動するようになる。

しかし慣れてきた時点でトラブル発生、人生初の食中毒になる。油断して食べてしまった生野菜に当たったらしく、三日三晩何も食べれずにひたすら出すだけで干からびる。その後1週間は胃が痛んでまともな食事が食べれずに、マインドが慣れても体がついてこないことに、ここが外国であることを再認識。以降、生野菜に異常な警戒心を持つ。

 

2ヶ月目(現在):

わらずにノンストレス、むしろマインドが変わった

以前は「ネットがなければ生きる意味がない」とまで思っていたのに、今は「ネットが繋がらなかったら英語の勉強しよー」という感じに。むしろネットばかりしていると、「そろそろ切り上げて、英語の勉強しないとなー」とまで感じるようになり、結果的にこれが英語力向上にプラスに働く。日本に帰っても、ネットばかりしてないで、デジタルデトックスをする必要性を実感する。

また日本とは違う街中の様子やインフラ周りの日本との差を当たり前のものとして受け入れ、ノンストレスに。ここらで「日本が便利すぎたんだよねー、あの国の快適さこそが異常」と完全にマインドチェンジする。

食事を楽しむために積極的に情報収集を行い外食に出かけたり、フィリピンで人気の携帯を見に行ったりと生活自体を楽しめるようになれた。

 

何よりも感じていること

英語編、生活編とフィリピンで2ヶ月過ごした所感をまとめてきましたが、今私が何よりも感じていることがあります。それは「人間ってどこの国の人間であろうが変わらないんだな」ってことです。フィリピンの片田舎にほんのちょっといるだけの人間が感じるには大仰なこともかもしれませんが、私には大切な気づきでした。

 

それなりの人間はどこの国でもそれなりで、努力している人間はいつだって尊く、与えることのできる人間はどこでも愛されます。人に尊敬をもって接することの人間は、同じく人を尊ぶ人間とつながることができます。人間がする評価ってどこの国だろうが変わらないと思いました。

また外見や内面、振る舞い、知識、気遣いなど各々の人間の美点はどこの国にいても美点であることに変わりはないと思いました。

 

日本での努力が、他の国に来て無駄になることはないし、日本で努力しなかったことが他の国に来て認められるなんてことはないのです。

 

「日本独自の価値観なんてクソだなあ」と思うこともありましたし、実際会社など労働環境に関わる点ではクソな価値観だと思うものも多くあります。でも人間に関わる価値観という点では、世界はつながっていると思いました。

 

私はもうすぐ日本に帰ります。この後のことはぼんやりとした展望はありますが、はっきりとは決まってはいません。

 

ただ、世界とつながることのできる英語の勉強と、人間としての価値を磨く努力だけは続けていきたいと思います。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

広告を非表示にする