読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー路線でいこう

WEB系社会人べみこのシンプルライフでやりたいことをやるブログ

【断捨離】 ボディソープを断捨離 石けんで体も洗う

断捨離・シンプルライフ

肌寒い日が続いて、そろそろ秋本番ですね。

乾燥する季節が来るかなあと思っていたら、以前お気に入りのボディソープがなくなったときのことを思い出しました。買い足すまでのつなぎで石鹸で体洗ったら、それで十分だった話。

f:id:bemiko:20151006113101j:plain

なんとなく身体用と顔用を分けなきゃと思ってた 

生まれた時から家のお風呂にはボディソープと石けんがありました。

家族兼用でボディソープは身体用、石けんは顔用です。高校生くらいからは自分専用に化粧品メーカーが出してる洗顔料を使っていましたが、その後断捨離して家族で使う石けんを一緒に使うようになりました。

ただ、それでも断捨離の時にボディソープをなくそうとは思いませんでした。

身体用と顔用は分けるのは「あたり前」だと思ったんです。でも違いました。その「あたり前」が崩れたのは2つの出来事がきっかけです。

断捨離したきっかけ① 石けんでも問題なかった

1つは使っていたお気に入りのボディソープがなくなったこと。ネットでパパッと買い足そうと思ったら、在庫がありませんでした(汗)。1週間くらいで入荷するとのことだったので、渋々その間は石けんで身体を洗うことにしました。

でもあら不思議、使ってみたら特になんの問題もないことに気が付きました。

・泡立ち→問題ない
・洗い上がり→乾燥しないし良い感じ
・意外と減らない→コスパ良い
・お気に入りのボディソープは減るのが速い→コスパ悪い

家族はそういうのこだわりがないらしく、私に任せると言うし「え。これなら石けんでも良いのでは?」と思い始めました。ですが、それでもまだ「でも身体と顔を同じもので洗うってちょっと…」という抵抗があったのです。

それが崩れた理由がきっかけの2つめです。

断捨離したきっかけ② 親友Nは「身体用」「顔用」が一緒だった

私にはNという親友がいます。↓親友Nについての記事

いつもオシャレな彼女なのですが、そのNと旅行にいったとき、お風呂で身体用と顔用を分けてなかったことを思い出しました。持参した石けんで顔も身体も洗っていました。

彼女いわく「身体も顔も1枚の皮膚でできているのだから、部分によって洗い方や洗うものは変えない」ということでした。よって洗顔料も1つで同じもの、なおかつ身体も手で優しく洗ってました。お肌は顔も身体もツルツルでした )^o^(

ぐぬぬ…なるほど。と当時は思ったものですが、それを思い出して「身体用と顔用を一緒にするのはちょっと…」という迷いは完全に吹っ切れました。

今となってはなんであの時迷っていたのかわからないほどです(笑)

自分の中の「あたり前」を疑い、実利を得る

2つのきっかけを経て、その後ボディソープを買い足すことはありませんでした。

ただボディソープの香りは気にいっていたので、同じ香りの、石けんとしてはお高めの洗顔石けんを使うことにしました。ヘアケアと同じPrediaという製品です。ネットだと定価より全然お安く買えます。

そしたらこれがめっちゃ泡立って、その泡もクリーミーで驚きました。なのに減らない…(゚Д゚;) 余裕で3カ月以上持ち、お肌の状態も良くなりました。いいことづくめ。高いかもだけど、ボディソープも買う必要ない、せっけん1つでOKでお風呂場スッキリと、とても満足しています。

 

そしてこのことがきっかけで、

自分の中の「あたり前」を疑うと、もっとお得で豊かな選択ができる(かも)

と意識するようになりました。

だって、あのまま「あたり前」に捉われていたら、ボディソープの断捨離も、さらにお得でお気に入りになった石けんを使うってことにも気がつかなかったわけです。

きっとこういうことって、断捨離系のこと以外にもいっぱいあると思います。それこそ「生き方」とか「価値観」とかもっともっと深いところで。

 

自分。というモノを作っている「あたり前」。

信じるモノは貫くけれど、変化の柔軟さも残したい。

時には疑い変化することで、これまで気がつかなかった実利を得る。

 

たかがボディソープの断捨離ですが、そんなことに気が付かされました。

これからも色々気が付くことがあるといい、そんな自分でいたいと思います。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました♪

広告を非表示にする